narifuri企画展のお知らせ@京都

EVENT

narifuri企画展のお知らせ@京都

2017.09.05

narifuri企画展「金氏徹平 自転車が街を彫刻する」が京都のホテル アンテルームにて9月6日〜11月5日の期間で開催されます。

 

このプロジェクトは、narifuriの設立10周年を記念した企画展で、京都の美術家・金氏徹平とのコラボレーションとなります。

路上のゴミから日用品等を素材に、意味やイメージ、そのコンテクストの変容を、コラージュ等のさまざまな手法で試みる彫刻家・金氏が今回どのような“自転車” を創作するのか。
例えば、ニューヨークのメッセンジャーが街を海に例えたように、金氏の “自転車” が京都の碁盤街への視点にどのような変化を生むことが可能なのか。

坂も少なく自転車サイズの街・京都だからこそ、サイクリストのみならず、この新しいチャレンジにどうぞご期待ください。(サイトより抜粋)

 

その施工のお手伝いのため先日現地に行って参りましたので、その様子も含めてご紹介させていただきます。

会場となるホテル アンテルームさんは私も今回泊らせていただきましたが、館内いたるところにアートが散りばめられており、素敵で快適なお部屋ばかりですのでご宿泊にも是非ご利用いただきたいです。

エントランスのドアを開ければそこから金氏ワールドが皆様をお出迎え。

 

自転車と街をテーマに、彫刻家の金氏徹平氏が作り出した空間は我々では想像し得ない世界が広がっています。

この展示の特徴はただ鑑賞するだけではなく、氏が施したHELMZに跨り、会場内に敷かれた京都のバイクレーンを思わせる赤いカーペットの上を実際に走行することができます。

気分はまるでメリーゴーランド。見た目はさながらエレクトリカルパレード。

金氏氏お手製のヘルメットとグローブを着用し、人馬一体ならぬ人と自転車が一つになることでこの作品は完成するとのこと。

 

また、氏によるコラージュ作品のグラフィックをシルクスクリーンで施したnarifuri製品も会場内で限定販売します。

Tシャツ以外にもバッグやシャツ等もございます。

さらに9月8日(金)にはレセプションパーティを予定しており、このシルクスクリーンをお客様のお好きな物に施すというワークショップも開催します。
グラフィックも大小様々ありますので是非思い思いのアイテムをお持ちよりください。一回1,000円(予定)です。
※シルクスクリーンという特性上、素材や物によっては刷れない場合もございますので予めご了承ください。ある程度平面のスペースがあるものがお勧めです。

 

また、レセプションでは京都市で有名な喫茶マドラグのサンドイッチで皆様をおもてなしします。
私もこの出張で食べてみたのですが、こんなタマゴサンドは初めてでした…

京都にお近くの方、行かれる方、期間も長いのでぜひ足を運んでみてください。

 

さらに、それに連動する形で同じく市内で開催されている東アジア文化都市2017京都 アジア回廊 現代美術展(8/19〜10/15)に、会場となる京都芸術センター⇔二条城を繋ぐ移動手段として、レンタルバイク4台(HELMZ二台、birdy二台)を貸し出し中です。
*こちらの自転車の貸し出しも上記展示と連動し9月6日からとなっております。

会場の京都芸術センターと二条城は大体2km弱ほどなので自転車での移動が圧倒的に快適です。

二条城の近くには駐輪場もあるのでこちらをご利用下さい

京都市内は本当に自転車での移動が有利な街ですので、観光がてら様々なアート作品に触れてみてはいかがでしょうか。芸術の秋、自転車の秋を京都でぜひご堪能ください。

それと、レンタルバイクの故障や自転車でお困りのことがあれば京都芸術センターからもほど近い、私も個人的にお世話になっているKON’Sサイクル蛸薬師店をお尋ねください。

HELMZの取扱店でもありますし、品数豊富で店員さんも親切丁寧。初めての方でも自転車好きの方でも楽しめるお店です。

それでは皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

narifuri tokyo
/charifuri

【住所】…〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-1 クロスサイドビル1・2F
【TEL】…03-3403-3004
【営業時間】…12:00〜20:00
【定休日】…月曜日

instagram-1675670_960_720

images

あわせて読みたいオススメ記事