BIRDY輪行 ~秩父/三峯神社~

EVENT

BIRDY輪行 ~秩父/三峯神社~

2018.03.21

輪行(りんこう)とは、公共交通機関(鉄道~船~飛行機など)を使用して、自転車を運ぶこと。サイクリストや自転車旅行者が、行程の一部を自走せず省略するために使う手段。  – Wikipediaより抜粋

いつもと違う土地を、いつもと同じ自転車で走る…と名状できない安心感と楽しさを見つけることができる。
これが輪行の醍醐味であり、自転車の遊び方の一つと言えるでしょう。

本日はそんな遊び方の再発見を目指し、西武秩父〜三峰神社を目指して走ります。

AM7:50 西武秩父駅へ

池袋線レッドアロー号で西武秩父駅へ

所沢〜西武秩父まで僅か1時間6分。始発の池袋からでも1時間21分とスピーディーに目的地へ向かえます。

全席指定席なので窓口で予め輪行の旨を伝えれば、空いてる座席を案内してもらえるのでオススメです。

スマートフォンで朝のニュースを読み終える頃、車窓はすっかり秩父の景色に

AM09:00~ 西武秩父駅に到着

本日一緒に神社を目指す、Pacific cycles Japanの鈴木さんと合流し、本日の意気込みを交換

合言葉は「ゆっくり行きましょう」

AM9:30 サイクルトレインで三峰口駅へ

西武秩父駅近くの御花畑駅へ移動し、三峰口駅へ向かいます。

秩父鉄道はサイクルトレインとして利用が可能で、 一時間におおよそ2本やってきます。

出発まで15分ほど時間があるので、切符を買ったあと駅横の”元祖立ち食い”さんで食事を頂きます。

思い切り皇太子さま〜特性地蕎麦の立派な看板が立っているにも関わらず、ノールックでうどんを注文。

失敗したかと思いつつ食べ進めると、これがとても美味しい。

またこの駅へ来たら、もう一度このうどんを頂こうと思いました。

食べ終わった頃、タイミングよく列車が到着。

車内に自転車が鎮座する状況に違和感を隠しきれない私たち…

「本当に良いのかな…」「便利すぎ…」「本当に大丈夫…?」と交互に言葉を漏らします。

AM10:00 三峰口駅到着

サイクルトレインに驚いている間に、終点三峰口駅に到着。

今から、三峰山の頂上、標高1102mに位置する三峰神社へと走りだします。

(どの山が三峰山か推測する鈴木氏)

AM10:15 まずは麓へ

駅を出て速攻秩父感 MAXの景色を見せられ、テンションの上がる私たち。

まずは麓へ向かうため、国道140号線をひたすら突き進みます。

麓への道も常に緩やかな上り坂。

小径車特有のポテンシャル「登りが楽」のおかげで、まだまだ余裕があります。

 

 AM10:45 ヒルクライムスタート

30分ほど経った頃、ようやく神社への案内板が。

ここから本格的にヒルクライムへ。

交通安全のお地蔵様をかすめつつ、ひたすら登る登る…

荒川上流ダム群の一つ、滝沢ダムに到着。

写真でサイズが伝わらないのが残念ですが、とにかく大きい。大きすぎる。

コンリート壁の高さは132m。どうやって作るのでしょうか…?

すごいスケールです。

AM11:30 小休止

ひたすら続く6%の勾配と、尋常じゃない量の花粉攻撃がジャブのように効いて来る昼前。

大汗かきなので、上着をしまって一休憩。

既に半分以上は登っていますが、ここからが勝負です。

休憩を終えて登る…

登る…

時には歩く。 ゆっくり行きましょう。

PM1:00 三峯神社に到着

三峰神社真下にあるという見返りの滝に到着。あと数本つづら折りを登れば念願の山頂!

最後の1kmを登る頃、野生の鹿を発見。(上の画像にひっとりと佇んでいます。見つけてみてください。)

私たちの疲れを労ってくれているのような気がしました。

そんなこんなありながら、無事神社に到着!

この頃には薄くかかっていた雲もなくなり、眺めも格別でした。

名物のわらじ豚カツを頂き、体力を回復。ズッシリとしたカツが二枚”草鞋”のように入っているのが名前の由来だそう。お店の女将さんも気さくな方でした。

PM13:30 三峯神社散策

三峯神社は御犬様信仰のある神社。災難避けとして犬(オオカミのこと)が祀られており、今月からボーダーコリーを飼い始めた本厄の私にはピッタリのパワースポット。

こちらが拝殿。立派な御神木に守られ、厳かな雰囲気。

復元により鮮やかな色を取り戻しており、様々な彫刻を鮮明に楽しむことができます。

私は大切なことを思い浮かべながら手を合わせました。

頂上にはこの神社を開創したとされるヤマトタケルノミコトの銅像が。

遠くを見つめて凛々しいお姿。

PM2:00 下山

頂上を一通り堪能することができたので、来た道を戻ります。

辛い登りがあるということは、下りがあるということ。この時を待ってた。

約3時間かけて登ったこの道を、1時間で駆け下ります。

長い下り坂も怖くない。低重心×ディスクブレーキ採用のBIRDY Monocoq ならね。

車通りも少なく、あっという間に駅へ到着。帰りの電車もガラガラでした。

そうそう、帰り道に鈴木さんからとっても便利なBIRDYの輪行小技を教えて頂きました。

そのご紹介はまたの機会に。

PM16:30 さよなら秩父

美味しい空気と、美味しい食事を頂きながら走った秩父ミニトリップもこれにて終わり。

来月はどこへ何をしに行きましょうか。

楽しい悩みは尽きません。

narifuri tokyo

【住所】…〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-1 クロスサイドビル1・2F
【TEL】…03-3403-3007
【営業時間】…12:00〜20:00
【定休日】…月曜日(祝日は営業します)

instagram-1675670_960_720images

 

あわせて読みたいオススメ記事