THE夏休み5レポ

EVENT

THE夏休み5レポ

2019.09.18

間が空いてしまいましたが先日開催しましたTHE夏休み5の模様をかいつまんでレポート。
※全ての写真はcharifuriのFBページのアルバムにアップしています。

天気と気温が心配でしたが、蓋を開けてみれば快晴、真夏日。
川に飛び込みがいのあるコンディションとなりました。

今回の趣向としましては、ひたすら夏らしい遊びを楽しむという基本コンセプトに加え、charifuriオリジナルフレームCF01を希望者に貸出し、実際にそれでグラベルや坂道等の色々なシチュエーションを体験していただくという要素も盛り込みました。(これにより現地まで自転車を持っていくという手間がなくなりご利用いただいた方はかなり楽なプランでもあります。)

グラベル仕様のCF01が大集合。個人的になかなか壮観な画です。

 

先日CF01を納車したジンケン先生に今年もガイドを依頼し、CF01+それぞれのMTBでトレインを組みながらのライドイベントスタート。

裏道を通りながら突如出現する未舗装路(グラベル)もなんのその。
同じ都内でもこんなシチュエーションはなかなかないでしょう。

オフロードを走ること自体に独特のワクワク・高揚感があり、それだけで楽しいものです。
これまではMTBで走っていた道も、今回はその仕様にすればグラベルも楽しめるCF01で参加しましたが問題なく走れますし、フルリジッドでタイヤを頼りに慣れないを乗りこなすというのがむしろ楽しい。

そのオフロードの後のオンロードでも走れる自転車は文字通りオンでもオフでも楽しめる守備範囲の広いバイクとも言えます。もちろんCF01は仕様によりますがこんな乗り方もできるグラベルを想定した組み方はとてもおすすめです。

ちなみに今回用意したCF01のうち1台はこんな感じ。

グラベルを想定したタイヤはチューブレス(実測50mm幅)とホイールは650Bを採用しています。
コンポは最近シマノより発売されたばかりのグラベルに誂え向きのGRXシリーズ。
手前味噌ではございますが、グラベルでもかなり調子よく走ってくれました。とても楽しいバイクに仕上がったと思います。

 

ちなみにジンケンさんはここ檜原村でCF01とこんな感じに満喫されてるそうです。

カゴで折りたたみ式の軽量な椅子を持参し、自然に囲まれまったりチェアリング。…これいいなあ。
このスタイルは真似したくなりますね。

途中ハイキングしていつもの隠れスポットに行くのも夏休みの定番。
今年も異常なし。ナイススポット。
ここはトレランにも最高なロケーションなんでしょうね。途中何組か見かけました。

グラベルを満喫したのち、昼食は今回初となる蕎麦屋「小春日和」さん。昨年できたばかりの洒落たお店です。


粗挽きで中太な二八蕎麦は食感も良く思わずおかわりする程とてもおいしい。
おかわりが300円で同量のざるがもう一枚食べられるというお得感もあり。檜原村行った際はぜひ寄ってみてください。

この近くにおしゃれなカフェもオープンしたようで、なかなか最近の檜原村はアツいです。

腹ごなしには少しハードな檜原村の坂道にヒィヒィ言うのも夏休みの定番。
それでもみなさんCF01でグイグイ登っていきます。

そしてこのイベント恒例の人気コンテンツ、トラックのチューブで川下り。
上り坂で火照った体を冷やすべく、待ちきれんとばかりに川に飛び込みます。
思っていたより水温もちょうどよく快適でした。

みんな年甲斐もなくはしゃぎます。

日が沈まないうちに今回の宿である御根家さんに到着。
間髪入れずに火を起こしバーベキュー…いや、野外焼肉の準備。

毎度良い肉を仕入れてもらっているのでとても美味い。それが自然の中でなら尚のこと。

 

写真はありませんが夜も更ける中、お酒を飲みながらまったりみんなで談笑タイム。
キャンプはこういう時間が良いですよねえ。この時間のために毎年やってるところあります。

・・・・・・

 

さて、昨晩はみんな飲み過ぎましたが爽やかな朝です。
早朝から自転車で走りに行った人もいましたが昨晩の様子からは想像がつかない…タフだ…

2日目はのんびり寄り道しながら下るのみ。

檜原村名物の「檜原とうふ ちとせや」さんで揚げたての卯の花ドーナツと豆乳ソフトをいただきました。

その近くが入口となっている日本の滝百選にも選ばれている「払沢の滝」にも立ち寄り。
心が洗われますなあ。

途中にある立派な温泉施設瀬音の湯に立ち寄り。
いつも駐車場は混んでいるので車での入場は一苦労ですが自転車ならすっと入れます駐輪場もあるので安心。

温泉で汗を流し昨日の疲れを癒します。

さっぱりしたあとは下るだけ。下り始めたらあっというま。


早めにゴールの裏山ベースに到着し乾杯(今回スタッフは車なのでノンアルコールビールで我慢…ツライ)

翌日みなさん仕事なので早めの解散がTHE夏休み流。

今回も天気も良く、終始トラブルなく終えられることができました。
CF01と併せて楽しんでいただけたなら幸いです。

改めてご参加いただいた皆様、スタッフちんた、ガイドのジンケンさんありがとうございました。

次回があればまたお会いしましょう。それでは。

 

narifuri tokyo
/charifuri

【住所】…〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-1 クロスサイドビル1・2F
【TEL】…03-3403-3007
【営業時間】…12:00〜20:00
【定休日】…月曜日

instagram-1675670_960_720

images

あわせて読みたいオススメ記事