【CF01】GRINDURO仕様

CUSTOM

【CF01】GRINDURO仕様

2019.10.09

(10/10/18:30更新 )
10/10 17:00時点で主催者側から台風の影響を踏まえプログラムを変更した上での開催が発表されましたが、安全面を考慮しnarifuriは参加を見送ることとなりました。残念です。

台風の影響がとても心配ですが、いよいよ今週末に開催となりましたGRINDURO JAPAN
世界的に注目を集めるグラベルレースイベントGRINDUROは今回日本初開催で、長野県の斑尾高原スキー場が舞台となります。
レースだけでなく、キャンプやフード、ライブなど、あらゆるコンテンツで参加者を楽しませてくれる、楽しめるイベントだと聞いているのでとても楽しみです。
高倍率の中、運良く抽選に当たりnarifuriからは2名参加予定です。

参加する80kmコースは未舗装路はもちろん、獲得標高2400mと聞いて戦々恐々としておりますが、まずは完走目指して頑張りたいと思います。
今回ももちろんCF01で参加します。パッキングこそしませんがスペックはほぼ前回ご紹介した内容です。

 

さて、先日YOUTUBERのけんたさんの動画の中でご購入いただいたCF01もこのGRINDUROを想定した仕様ですので改めて組み立てた内容をご紹介させていただきます。

CF01 Gravel style for GRINDURO

けんたさん仕様/SPEC

Frame & fork : CF01/Clear black/M(545)
Hed parts : CHRISKING MAT MANGO NTS1-1/8
Handle : SOMA ORDIN BAR
Stem : NITTO UI-25 BX
Grip : PDW SPEED METAL GRIP
Brake lever : SHIMANO BL-M8100
Shift lever : SHIMANO SL-M8100 右
Wheel/F : (手組み)H PLUS SON THE HYDRO / HB-M8000 / DT SWISS champion 1.8
Wheel/R :(手組み) H PLUS SON THE HYDRO / FH-M8100 / DT SWISS champion 1.8
Tire(F/R) : SOMA CASADELO TIRE BK/SKIN 700x50C /tubeless ready
Tube(F/R) : SCHWALBE
Brake F/R : SHIMANO BR-M8100
Rear sprocket : SHIMANO CS-M8100/10-51T
Chain : CN-M8100 /12S
Rear derailer : SHIMANO RD-M8100SGS
BB : SHIMANO BB-MT800
Crank : FC-M8100
Chain ring : SHIMANO SM-CRM85/36T
Pedal : 45NRTH HEIRUSPECS CNC PEDAL BK PD4501
Seatpost : NITTO S65/27.2/BK
Seat clamp : SALSA Lip-loc
Saddle : BROOKS CAMBIUM ALL WHETHER C15

けんたさんをイメージしたオレンジの配色が印象的なGRINDUROを想定したCF01。
主なリクエストはタイヤは700Cで出来るだけ太く、チューブレスであること。オフロード向きの最新コンポ且つフロントシングルであること。

それらを踏まえた上で細かい部分はお任せで組ませてもらいました。

タイヤは50C。かなり太いので走破性が期待できます。
フェンダーを想定しなければ50mm幅がF01の最大幅でしょうか。ちなみに27.5inchであれば2.0が最大幅となります。

MTBの最新コンポ、SHIMANO XT8100シリーズを採用し、1 x 12速です。
12速となるとフリーボディの形が従来のものとまるで異なるため、スルーアクスル縛りとなりますが、CF01はエンドプレート が交換可能なため、スルーアクスル対応のもの(別売)にすればこのようなコンポの選択も可能。もちろん、フロントフォークもサイズが合うものに交換すればスルーアクスル化は可能です。

ホイールは手組みでMTBハブ/700Cリムの組み合わせ。

それにしてもスプロケット大きいですねえ。最小10T-最大51Tのサイズです。
これだけワイドレシオならどんな坂でも登れてしまいそう。

FC-M8100 x Chain ring : SHIMANO SM-CRM85/36T
フロントシングにするためのチェーンリングはSHIMANO製のナローワイド を採用しています。
ナローワイド とは、平たく言いますと薄歯厚歯が交互にあることでチェーンの食いつきを良くし、ギアガードなしでもチェーンが脱落するリスクを下げられるといったもの。

45NRTHのペダルピンのオレンジがさりげなくも、色合わせにかなり効いてます。
※イベント当日はビンディングペダルに変更します。

ヘッドパーツのCHIRISKINGをはじめ、統一したオレンジ色が印象的な一台となりました。
当初は貸し出すつもりで組み付けましたが、嬉しいことにけんたさんに気に入っていただけたようで、撮影中に急遽ご購入いただくという展開に。

純粋に欲しいと思っていただけたのがとても嬉しいです。
↓先日納車の様子。

 

そしてもうひと方、撮影していただきながら参加されるイマオさんには下記のようなCF01をお貸し出しします。

CF01 Gravel style for GRINDURO

イマオさん仕様/SPEC
Frame & fork : CF01/Clear kahaki/S(525)
Hed parts : TANGE Technoglide
Handle : SALSA COWCHIPPER DELUXE BAR
Stem : NITTO UI-25 BX
BARTAPE : HELMZ CAMO BARTAPE
Brake/Shift lever : SHIMANO ST-RS505
Wheel/F : (手組み)H PLUS SON THE BOX / HB-RS505 / DT SWISS champion 1.8
Wheel/R : (手組み)H PLUS SON THE BOX / FH-RS505 / DT SWISS champion 1.8
Tire(F/R) : IRC BOKEN 40C
Tube(F/R) : SCHWALBE
Brake F/R : SHIMANO BR-R785MF
Rear sprocket : SHIMANO CS-HG800/11-34T
Chain : CN-HG701 /11S
Rear derailer : SHIMANO RD-R7000L
BB : SHIMANO SM-BBR60
Crank : FC-R7000L 50x34T
Pedal : –
Seatpost : No brand /27.2/BK
Seat clamp : SALSA Lip-loc
Saddle : HELMZ ORIGINAL CAMO SADDLE

 

こちらはけんたさん仕様とは対照的にドロップハンドルでグラベルロード仕様。

最初は街乗り仕様でのお貸し出しを想定していましたが、とても獲得標高2400mは走りきれないと判断し、急遽このようなフロントダブルに変更しました。当日は嫌が応にもインナー縛りになるでしょうね…これでもギア比が足りるかどうか…

タイヤはIRCのBOKEN/40C。

ブレーキは油圧ディスク。過酷な状況であれば軽い力で制動力が期待できる油圧タイプがおすすめです。
後半はブレーキを握る握力も落ちてきますからね…   

フレームカラーはクリアカーキにパーツ類を黒でまとめ渋い仕上がりに。
これでFrameチームも是非完走していただきたいところ。ですが、

 

その前に台風、なんとか逸れるなり遅れるなり消滅するなりして無事開催されることを祈るばかりです。
しかし主催者側は判断が難しいところでしょうね。イベントも台風も規模が規模だけにどうか安全第一で。

と、準備をしながら悶々としておりますが無事開催されればまたここでレポートさせていただきます。
それでは参加される方はどうぞご安全に。よろしくお願い致します。

narifuri tokyo
/charifuri

【住所】…〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-1 クロスサイドビル1・2F
【TEL】…03-3403-3007
【営業時間】…12:00〜20:00
【定休日】…月曜日

あわせて読みたいオススメ記事