New item : SKS /  S-BLADE, X-TRA-DRY

PRODUCTS

New item : SKS / S-BLADE, X-TRA-DRY

2019.11.07

以前ご紹介した、made in germany に拘るバイクアクセサリーメーカーSKS からリアマッドガードが入荷しました。
ここ最近雨が多く、雨の日も自転車に乗る方は走行時にお尻を濡らすなんてことも多かったのではないでしょうか。

今では当店の定番となったSKS のマッドガード。
どんな車種にもクイックに着脱できるこちらを今回はご紹介いたします。

細身なデザインの S-BLADE ¥ 2,500-(+tax)  (写真:左)
太いタイヤでも安心なX-TRA-DRY ¥ 2,500-(+tax) (写真:右)
【仕様】
・S-BLADE
カラー:ブラック
全長:465mm×52mm 幅
重量:117g
シートポスト径35mmまで

・X-TRA-DRY
カラー:ブラック
全長:380mm×52-89mm 幅 (最小幅–最大幅)
重量:140g
シートポスト径35mmまで

取り付け方法は簡単。
まず、装着したいシートポスト径に合わせてベルトの長さを調節します。取り付けベルトにはノンスリップ加工がされているのでしっかり固定できます。

適性なベルトの長さが出たらベルトをシートポストに巻き、テンションをかけてレバーを止めます。コツとして、ある程度強いテンションをかけた方がしっかりと固定されます。

以上で装着完了です。

・X-TRA-DRY装着車体(1・2枚目CF01 650B・700c/3枚目 birdy GT

S-BLADE装着車体(1枚目CF01 700c/birdy Classic)

両者ともフェンダー部分は六角レンチ(5mm)を使い、お好みの角度に調整が可能です。

安心のフルフェンダーも選択肢のひとつですが、着脱が簡単な構造なので傘やカッパのように雨の日だけ装着するなんて使い方もオススメです。

もちろん常に装着していても外れない固定力となっております。

また、今回撮影の時に発見したのですが、当店がメインで取り扱う車体のひとつ birdy の折りたたみ時に使える SKSマッドガード装着方法をご紹介します。

まず、birdy を折りたたむ際に、シートポストをマッドガード取り付けベルト分だけ残します。
次に、フェンダー部分を下の写真のようにステム側に向けてクルッと反転。
そうすることで、どこにも干渉せずに折りたたみ時もしっかりと収まります。
上の写真の通り、両モデルとも走行時・輪行時もスマートに持ち運ぶことができます。

birdyを雨の日も乗られる方は、1度お試しくださいませ。

1本で様々な車種に対応するマッドガード SKS / S-BLADEとX-TRA-DRY。
ぜひ店頭でご覧くださいませ。

 

narifuri tokyo
/charifuri

【住所】…〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-1 クロスサイドビル1・2F
【TEL】…03-3403-3007
【営業時間】…12:00〜20:00
【定休日】…月曜日

instagram-1675670_960_720 images

 

あわせて読みたいオススメ記事