宇都宮シクロクロスと CF01

EVENT

宇都宮シクロクロスと CF01

2019.12.20

先週末12月14日(土)にnarifuri tokyo スタッフ ワセが、栃木県 宇都宮で2日間 開催された宇都宮シクロクロスに参加したのでご報告いたします。

宇都宮ではサイクルロードレースJAPANA CUPが開催されたりと、自転車と親密な都市のひとつでもあります。

朝から多くの参加者が集まりました。
今シーズン2019-2020(秋-冬)のシクロクロスでは今回が2回目の参加となります。
前回の参加レポートはこちらをどうぞ。

今回もnarifuri / charifuri の チーム名で、オリジナルフレーム” CF01 “で参加しました。

会場には、地元の飲食ブースや体験ブースが出店しKIDSレースや、サウナコーナー、動物と触れあえる小さな動物園など多くのコンテンツが並び、多くの来場者を迎えていました。

今回出走したコースは、会場の “道の駅うつのみや ろまんちっく村” 敷地内の地形を最大限に活かした一周2.6kmのコース。アップダウンが激しく、早朝からの開催という事で霜が凍り、滑りやすくテクニックを要するコースでした。

また、今回は UCIのレースがメインレースということもあり、各地で開催されるシクロクロス会場と比べると、多くの観戦者と参加者が来場されていました。

UCI(UNION CYCLISTE INTANATIONAL)とは・・・国際自転車競技連合(UCI)が主催するシクロクロスのシーズンシリーズ戦の名称です。

narifuri スタッフ ワセはカテゴリー3にエントリー。
出走人数はいつもよりも多く、コース幅が狭く設定されているシクロクロスでは出走者が多ければ多いほど、どれだけ上手く前に出るかがキーポイントになってきます。

 

それに加え、各所に難所が今回も存在しました。

まずは、”砂セクション”
全長40mの砂場。パワーとテクニックが必要なセクション。

そして、見所ポイントと設定されている宇都宮シクロクロスの名物 “急勾配の坂”。
多くの方が体力を奪われていました。トップカテゴリーの選手には、一度も降りずに一気に登り切る姿は印象的でした。

そして ”キャンバー(斜面)”
早朝開催なので、霜が降りて 轍が固く滑りやすい斜面が続き多くの方が、スリップしたりタイヤを取られていました。私もその一人でした。。

今回の結果は、カテゴリー3  54名出走/47位と下位でフィニッシュ。。。
滑りやすい路面に加え、集団に巻き込まれその後ついていけませんでした。。
今回出走したレースの様子を一部 スポーツカメラで撮影しましたので、よろしければご覧くださいませ。

最後は、UCI女子エリートとUCI男子エリートの観戦です。
海外勢も多く参加していてレベルの高いレースを間近に観戦できました。

今までのレースと比べるとスピード感がグンっとあがり、自分が苦戦しながら走ったコースをペースを変えずに走る選手達に見入ってしまいました。

私が走ったカテゴリー3のレース時間は30分で、30分全力で走るのもやっとでしたが、トップカテゴリーは倍の60分。テクニックに加えペース配分や、体力が必要な競技です。
また、レース時間が長くなることで、観戦場所を変えて観戦できたり会場散策もできました。
初めてのUCIのレース観戦でしたが、トップ組が接戦だったということもあり白熱したレースはとても楽しめました!

narifuriでは、東京・京都と両店にシクロクロスに参加しているスタッフがいますので、シクロクロスに少しでもご興味ある方は、各店スタッフに是非あれやこれやと聞いてみてください!

 

今回もCF01はノントラブルで最後までしっかり走ってくれました。
街中や通勤はもちろんですが、グラベルやシクロクロスなど様々な”コト”に実際スタッフがチャレンジし続けています。

まだまだ下のカテゴリーですが、CF01での上位カテゴリー目指して泥んこになりながら楽しみます!

街中から、様々な環境でも走ることができる “CF01” は引き続き店頭とオンラインで販売中です。

オンラインサイトも是非ご覧くださいませ。

それでは、また次のシクロクロスで。

narifuri tokyo
/charifuri

【住所】…〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-1 クロスサイドビル1・2F
【TEL】…03-3403-3007
【営業時間】…12:00〜20:00
【定休日】…月曜日

instagram-1675670_960_720

images

あわせて読みたいオススメ記事