スタッフバイクの紹介:CF01福永号

2020.03.22

カスタム

スタッフバイクの紹介:CF01福永号

こんにちは。charifuri福永です。
いつのまにか桜も咲きはじめ、いよいよ春めいて参りました。

自転車にとって待ちに待ったオンシーズンではありますが、昨今の状況を見ていると素直に春の訪れに胸を踊らせ…というわけにもいかないところはありますが、今日も変わらず片道15kmの道のりを新しく組んだCF01で店まで通っております。こんな時でも晴れた日の自転車通勤は気持ち良いです。

さて、遅ればせながら自分用のCF01を製品版のフレームでようやく組みましたので紹介させてください。これまでは手作りした愛着の塊=プロトタイプを2年ほど乗ったのですが↓

やはり製品版に乗りたいという好奇心には敵わず心機一転ガラリと仕様も変更し久しぶりに自分用の自転車を一から組み直しました。

もちろんこれまでのパーツを完全移植することは可能でしたが、やはりせっかくなら乗り味も変えたいなあということで、ところどころ手垢のついたパーツは生かしながらですが足回りを中心に大きく仕様変更しています。

 

CF01福永号/通勤仕様

Frame & fork : CF01/Clear black/S(525)
Hed parts : CHRISKING Black NTS1-1/8
Handle : NITTO b814
Stem : NITTO クランプオンUI-2
Grip : PDW SPEED METAL GRIP /Black
Brake lever : SHIMANO BL-M8100
Shift lever : SHIMANO SL-M8100 右
Wheel/F : (手組み)DTSWISS GR531(650B) / CHRISKING / DT SWISS champion 1.8
Wheel/R :(手組み) DTSWISS GR531(650B) / FH-M8100 / DT SWISS champion 1.8
Tire(F/R) : COMPASS Switchback Hill 650B-48c
Tube(F/R) : –
Brake F/R : SHIMANO BR-M8100
Rear sprocket : SHIMANO CS-M8100/10-45T
Chain : CN-M8100 /12S
Rear derailer : SHIMANO RD-M8100SGS
BB : SHIMANO BB-UN55
Crank : sugino RD
Chain ring : Wolftooth PCD130/42T
Pedal : 45NRTH HELVA PEDAL
Seatpost : THOMSON straight/Black/250mm
Seat clamp : THOMSON
Saddle : BROOKS CAMBIUM C17
Stand:CFselect
Front rack:撮影当時SOMA→現在atran velo カーゴライト
Fender:PDWフルメタルフェンダー650ビースト

スタッフ身長:165cm

ホイールは自身も所有するのは初めてな650B(27.5″)をスルーアクスルハブで手組み。未舗装を見つけたらいつでも道草を食えるようタイヤも太めにグラベル仕様な48mm幅(ぱっと見スリックですがグラベルタイヤなんですこれ)空気圧を高めればオンロードも快適です。実験的に普段からチューブレスで運用しています。
伴ってコンポもシマノ最新のMTBコンポ(M8100)XTの12速です。12枚も必要かと問われれば、やはり変速段数はあればあるだけ使いますね。

ハンドル周りは雰囲気優先でNITTOの鉄ハン、鉄ステム。
重いです。重いですが、やはり雰囲気最高です。(クランプ径25.4mmのハンドルは10年ぶり)
ライトはスマホマウントも兼ねたSPコネクトのオプションパーツ。

街乗り三種の神器はフロントラック、フルフェンダー、センタースタンドだと勝手に言ってますが、実際この通勤号にもマストで取り付けています。

フロントラックはこの時点で定番のSOMAですが、現在はatran veloのものを加工して取り付けています。これにsurlyのPORTEUR HOUSEを取り付けて荷物は全部この中に放り込んでバッグは背負いません。併せてステムバッグも便利です。ドリンクや鍵、サングラス等頻繁に使うものを手元に備えておけるので。私は現在FAIRWEATHER /Stem bagを使用しています。

フルフェンダーは650Bの太いタイヤにも対応するPDWのフルメタルフェンダー650ビーストを採用。これフェンダーの中ではトップレベルに格好良いと思います。※ラインナップに700Cもあります。
センタースタンドは一度使うと手放せません。CF01はスタンドマウントが標準で供えてあるので取り付けも容易です。

なお、バッグがあるとシルエットがわかりづらいので外した状態がこちら。
(フロントラックはatran veloのカーゴライトをフォークダボ穴に固定できるよう加工して取り付けています)

私自身所有するのは初めてなスペックが随所にありますが、トータルとても快適な仕様となっています。
正直好みとしてオンロードは700C派ですが、650Bで太いタイヤも段差をまるで気にせず走れるので楽しいです。油圧のディスクブレーキは雨でも安心ですしフルフェンダーのおかげでお尻も足も濡れません。バッグも背負わずに背中も蒸れず、スタンドのおかげで場所を選ばず停められれます(あと撮影の時も便利)
ワイドなギア比は多少の激坂でもスイスイ、シャカシャカ登れます。

まあただし、これだけ欲しい機能を全部載せた結果だいぶ重くなってしまいましたけど(笑)
しかし手作りプロトタイプと比べると、精度、剛性、乗り心地はかなり良くなりました(汗)

もし新たにCF01をご検討の方はご参考まで。
私が店にいるときはこの自転車もありますので気になるパーツがありましたらぜひご来店時にでもお声がけください。

久しぶりに自分用の自転車を組みましたが、やはり組む前の悩み考える時間も含めて最高に楽しいですね。組んだ直後は年甲斐もなく公園で無駄に蛇行運転する程度にはテンション上がります。
皆様も新しい自転車が組みたくなった際はぜひご相談くださいませ。

それでは。

 

 

 

オリジナルフレーム ” CF01 ” は online store でも販売中です。
こちらも是非ご覧くださいませ。

narifuri tokyo
/charifuri

【住所】…〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-1 クロスサイドビル1・2F
【TEL】…03-3403-3007
【営業時間】…12:00〜20:00
【定休日】…月曜日

instagram-1675670_960_720

images

あわせて読みたいおすすめ記事