自転車通勤のすすめ『ツーキンツール』:第5回スタッフおすすめ”雨”攻略アイテム

2020.06.13

ツーキンツール

自転車通勤のすすめ『ツーキンツール』:第5回スタッフおすすめ”雨”攻略アイテム

自転車通勤の楽しみといえば四季折々の景色や空気感を生で体感できる事、まさにこれなんだよなぁなんて思ったりしています。ふとした時に目に入ってくる街並み、草木の表情、川沿いの景色、、こういうのって不思議と大人になればなるほど愉しめるもので最近で言えば綺麗な紫陽花なんかが見られますよねぇ。 …さて、ちょっと強引かも知れませんが、紫陽花からの流れで梅雨の足音も聞こえる今回はそう..”雨”攻略編をお届けいたします。

 

– 雨を攻略する –

正直、朝起きて雨音が聞こえたり、天気予報や雨雲レーダーを観て雨直撃決定だったりすると心が折れたりしちゃうもの。…しかし自転車通勤をしていれば寒い日もあれば暑い日もあり、晴れている日もあれば雨の日もあるもの。ですからせっかくの自転車通勤、いろいろなシチュエーションを楽しんだもん勝ち!と僕らは考えています。(でもさすがに豪雨の日は危ないんで乗りませんよ)  さて、そんなnarifuri自転車通勤スタッフですが雨天走行はいつも以上にロードシェアを意識します。一口に雨と言っても小雨、霧雨、ゲリラ豪雨、急に降ってくる雨、急に降り止む雨など多種多様ですし、僕らにしても<雨を楽しむ!>スタッフ、<小雨なら乗る>スタッフ、そもそも雨は乗らないスタッフ、と様々。ということで”雨”事情にとても敏感なチームナリフリが通勤時の雨攻略に相応しい製品をリストアップしたので自分のスタイルに合う製品をチェックして見てください。





 『雨の日を楽しむ!』

■NFAL-01: ALサイクルレインセットアップ
自転車に乗る事を想定した”機能”と、街に溶け込む”デザイン”をコンセプトにしているnarifuriはブランドスタート時から雨に対しての防水性・撥水性の機能を持ったアイテムを展開してきました。ただここ数年「雨を楽しむ派」のスタッフの雨攻略機能に対する要望が高くなった事もあり、雨の日専用アイテムとしてのレインウエアを展開。…しかしアレもコレもと要望に歯止めのきかない某スタッフを納得させるために「これはもう..レインウエアのプロフェショナルとのコラボしかない」と考えたデザイナー。運も味方し最高のタイミングで「Aero and Lighting」との出会いもあり、試行錯誤ゆえに完成した試作品を自転車通勤にてガンガン検証した結果。。。アレもコレもなスタッフがぐぅの音も出ないほど完成されたサイクルレインウェアがここに誕生したのでした。

先日発売開始をしたALサイクルレインサイクルセットアップはそのスタッフ曰く、とにかく雨の日が楽しくなるそう。防水性・軽量性・伸縮性・透湿性はもちろん、ロードシェアでのアクションもスムーズに出来るディティールや、着たままバッグを背負えたり、リフレクター&蓄光で安全面もバッチリ、など時間をかけた甲斐があったようです。ちなみに上下共ポケッタブルにして持ち運べるのですが、ポケッタブル”バッグ”になるジャケットにポケッタブル化したパンツを入れて持ち運ぶことができる、というところに某スタッフは萌えているそうです。

《ALサイクルレインセットアップについて、さらに詳しく知る》

 

 

■NF9025:シリコーンシューズカバー  
そんな「雨を楽しむ派」のスタッフがALレインサイクルセットアップと併せてテストしていたのが、完全防水仕様のシリコーンシューズカバーです。前回の“安全”攻略でも説明したプロテクトカラーを採用しているので 、ALサイクルレインセットアップのハイブリッド光源加工と組み合わせれば、雨天時でも朝夜問わず高い被視認性を発揮します。ペダルと固定する訳ではないので、激しいペダリングをすると踏み外す可能性があるのでスピードは出さず安全運転第一で。また自転車乗り降りの際は滑らないようにご注意を。



さて、そんな雨を楽しむスタッフがオススメする自転車通勤用アイテムは他にもあります。あくまで雨に濡れるを前提にしたチョイスですので、雨を覚悟して通勤を楽しみたい人必見、です。



■NF2028:ウェザープルーフプルブレーカー
■NF5031:ウェザープルーフパンツ
防・撥水の軽量3レイヤー生地のジャケット&パンツはALサイクルレインセットアップと比べ、やや生地厚なため気温の低いシーズンに最適なレインウェアです。ジャケットは重ね着想定でゆとりを持たせたサイジング。パンツは 漕ぎ”攻略 でも紹介した街乗りロングパンツ最強ジョッパーズシルエットに設定。余分なディティールを省略したシンプルなデザインに仕上げているため、よりカジュアルにレインウェアを楽しみたい方にオススメです。

《ウェザープルーフ セットについて、さらに詳しく知る》

 

 

 

■NF9021:ダズル迷彩ジェットキャップ
■NF2040:ダズル迷彩プルブレーカー
■NF8017:ダズル迷彩ハテナリュック
“安全”攻略 で紹介したダズル迷彩コレクションは、雨天自転車通勤想定で通常の撥水コーティングより強力なセラミック防撥水コーティング仕様。バッチリ雨を弾き、ストレッチ性もあるためシティライドにも適しています。ジャケット&バッグはもちろん、CAPもしっかり撥水コーティングしてあるので “雨用CAP” として使用するスタッフもチラホラです。

 

■NF715:プルブレーカー
■NF553:2レイヤーマウンテンパーカー
カジュアルにレインウェアを楽しむのであれば、narifuriの顔としてお馴染みなプルブレーカー と 2レイヤーマウンテンパーカーがオススメ。表面撥水加工により雨を弾き、カジュアルに街着としてもコーディネートができる汎用性が魅力の一つ。ちなみに2レイヤーマウンテンパーカーは撥水加工+防水生地を使用していて、プルブレーカーよりも防水力高め。両方とも持ち運びには特化しているわけではないけれど、レインウェア感がなくて普段着としても着ることができるため、通勤距離によってはがっつりとポケッタブルレインウェアを買うよりこっちを着用するスタッフもいます。



 『大雨は乗らないという選択肢

雨の状況によって乗る、乗らないを選ぶのも大切です。人それぞれ、乗る距離、ルートによっては雨を楽しむことができない人もいるでしょうからね。例えばあるスタッフなんかは片道20kmですが国道をトラックと並走して走り、おまけにアップダウンも多いというのだから大雨の日には”一切乗らない”そう。これも一つの選択肢ですね。もちろん急なゲリラとかは仕方ありませんが。。大雨ではなく、”小雨”での走行となると機能の選択も少々変わってきます。防水性はもちろん大切ですが、実は  撥水性・耐水性・速乾性である程度の雨はクリアできちゃいます。防水性に特化していないとその分通気性や速乾性を重視したり、収納性を重視できたり、なんならレインウェア感も薄れてきてコーディネートし易くなったり…と自転車ウェアとしての利点はむしろ多くあるのです。気温の高い日ならば少しくらい濡れてもすぐに乾けば身体的ストレスも少ないというスタッフレビューもありますし。

さて、それでは”小雨なら乗る”スタッフがオススメする自転車通勤用アイテムを紹介していきましょう。



 

 

■NF2040:ウインドスルーマウンテンパーカー
“熱”攻略 で紹介したウインドスルーマウンテンパーカーも長距離自転車通勤組はよく使用しています。メッシュ生地を部分使いする事で”蒸れないジャケット”という立ち位置を確立したnarifuriの中でも上級者向けのジャケット。メッシュ部分も含めて全体に撥水コーディングが施されているため、小雨ならばしっかりと弾くことができますし、何と言っても”蒸れない”というのはムシムシな梅雨時期では大切な機能かも知れません。暑がりな人なら一年中(冬場も)使える影の人気者です。

《ウインドスルーマウンテンパーカーについて、さらに詳しく知る》

 

 

 

■NF2022:ナイロンポケッタブルウインドブレーカー
アクリルコーティングにより撥水機能を高めたポケッタブルジャケット。カラバリも豊富で気軽に着るレインウェアを探しているならまずはこれです。背面リフレクター&プロテクトカラーもラインナップ。…て、なんで前回の“安全”攻略で紹介しなかったんだろう、、と思える雨&安全攻略アイテムです。

 

 

■NF2047:ポケッタブルバルカラーコート
撥水性が高く、背面ポケットに収納可能。軽量で伸縮性も高いことから今年一気に人気者に上り詰めたnarifuri Businessの最新コート。フロントボタン下のダブルファスナー、チンストラップによる首元ガード、など様々な雨用ディティールも備えています。スーツでの自転車通勤者には是非とも袖を通してもらいたい一枚ですね。

《ポケッタブルバルカラーコートについて、さらに詳しく知る》

 

■narifuri ☓ YORK STANLEY 2.0
そして雨のスーツスタイルの足元にはこちら。雨をしっかり弾く防水レザーを使用し、シュータンと靴本体をマチで繋げるガゼットタン仕様なので雨の侵入を最小限に抑える事ができます。防滑性に優れたビブラムソールを採用しペダリングも安全。ライニング/インソールには 調温機能素材「アウトラスト」を採用して、人間の快適温度をキープしてくれるらしいのでこれからの時期でもムレずに快適なレザースニーカーライフが送れることでしょう。

《narifuri ☓ YORK STANLEY 2.0 について、さらに詳しく知る》

 

 

■MFMM-01:☓ MMAのポケッタブルプルブレーカー
■NF2045:スタンドカラーサイクルアノラック
撥水加工・背面メッシュ・速乾性・ポケッタブル仕様、と共通機能を持つこの2つのジャケットは、小雨ライダーにはうってつけのアイテムでした。というのも、もともとそこまで雨天想定をしていなかったのですが、スタッフのレビューから雨天自転車通勤時にそのポテンシャルの高さが発覚。実はこのジャケット撥水性の高さとかよりも”速乾性”が意外とキモで、気温の高い日ならちょっとくらい濡れてもすぐに乾くことで身体へのストレスが少ない、という事実からのラインナップ。特に×MMA ポケッタブルプルブレーカーは洗濯後(これで洗うのオススメ)にとても乾きが早いのでビックリした!というスタッフ奥様レビューもあり。ちなみに背面はメッシュ生地によるベンチレーション仕様になっていますが、防水バッグを背負えば問題なし?…はい、軽い雨なら問題ありません。

 

 

 

■NF2037: 2.5レイヤーウインドプルーフプルオーバー
こちらはウインドブレーカーをもっとカジュアルに着よう!をテーマにした一枚。スウェット感覚でズボッと被れる仕様で洋服のようにコーディネートが自由です。こちらも背中はメッシュ生地なので蒸れ知らず。そうそうこちらはフードが付いていないので、撥水仕様のキャップやハットと組み合わせると良いですよ。

《2.5レイヤーウインドプルーフプルオーバについて、さらに詳しく知る》

 

 

 

■NFC4-13:3WAY撥水スパンライクキャップ
■NFC4-14:スパンライクメトロハット
で、雨用の帽子といえばこれっ。 シーズン恒例となった narifuri ☓ CA4LAの帽子、今シーズンはライトスパンライク生地を採用した雨用としても使える秀逸な出来栄え。先程紹介したフードを被らない雨天自転車通勤スタイルにうってつけで、リフレクターやプロテクトカラーも備え安全面もバッチリ。速乾性も高く、濡れたら干しておけば帰りにはすっかり乾くのもお気に入りのポイント。

《narifuri×CA4LAについて、さらに詳しく知る》

 

 

 

(左)NF5059: ライトスパンライククロップドカーゴ
(中)NF5058: ライトスパンライクジョガーズ
(右)NF5030: 撥水スパンライクカーゴジョガーズ
帽子のほうでも触れましたが、narifuriの撥水生地で代表的なのが「撥水スパンライク」です。昔っから頻繁に採用し、あぁ~これね、とnarifuriではお馴染みの生地。毎シーズン人気のスパンライクパンツシリーズですが、今シーズンは更に軽さも加味した”ライトスパンライク”生地のジョガーズとクロップドカーゴパンツが仲間入り。ムシムシしたこれからの季節はこのライトスパンライク(超薄手)にかぎります。雨を弾き、よく乾き、シャツからナイロンジャケットまで幅広くコーディネートできるスタッフ人気の高いパンツ達です。

 

■NF5055:ストームリブイージーライドパンツ
“熱”, “家”, “安全”と登場頻度の高いこのパンツは、小雨でも重宝すること間違いなしです。撥水性 と 通気性 を兼ね備えているので梅雨時期のグズグズした天気の日の自転車通勤にオススメ。驚くほどのストレッチ力をみせるSOLOTEX 4WAYライトツイル生地は動き易く、肌触りも良く、シャツやポロシャツとも相性が良い。ゴムウエストで気軽に穿けることから差し詰め大人のためのイージーパンツ、といったところでしょうか。



そしてもちろん雨攻略バッグもあります。バッグに関しては基本的にどれも撥水コーティングを施した防水仕様のため、どれを選んでもある程度雨を防ぐことはできます。(“完全防水”ではありませんよ)  ですので、今回は自身の好みに合ったデザインで選ぶのをオススメします。…ところでバッグ選びって何を基準にすれば良いの??? そう思ったそこのあなた。次回”収納”攻略編でその辺りをご説明しますので、今は少しおまちくださいね。

《narifuri BAG 一覧ページ》

 

続いて、雨攻略に相応しいアクセサリーもご紹介。防水素材のアイテムから、雨を防ぐもの、濡れた時に便利なものなど、多方向から雨を攻略していきます。



 

■NF9018:防水レザーコンパクトウォレット
■NF9019:防水レザーフラットウォレット
もともとは自転車乗りあるある→「汗でお財布結構ダメージ出るよね問題」を解決するために製品化した 3Mスコッチガード™を使用したオリジナル防水レザーのお財布シリーズ。水分という点で、汗だけじゃなく雨にも有効です。特にnarifuriウェアのサブポケットにすっぽり収まるコンパクトウォレットはスタッフ人気が高く、使用率高め。上品な見栄えのレザーの質感は大人のサイクリストが持つに相応しい貫禄を演出してくれます。

《防水レザーウォレットついて、さらに詳しく知る》

 

 

 

■NF1041:narifuri ☓ H-fusion フォルダブルサングラス
narifuri自転車通勤スタッフはサングラスの使用者が多いです。紫外線を防ぐ役割がほぼほぼですが、雨の日なんかはゴーグル的な役割で雨が目に入るのを防ぐ為です。メガネブランド「H-FUSHION」とのコラボレーションサングラスはオリジナルハードケースにコンパクトに折りたたんで持ち運び可能なフィルダブル仕様。いつもカバンにポンっと入れておいて、いざと言う時にサッとかける、、これ結構便利です。

《フォルダブルサングラスついて、さらに詳しく知る》

 

■NFTH-01:THING FABRICS タオルハンカチ
走行中、信号でストップする度に顔など露出しているところをこまめに拭くのがおすすめ。顔とか濡れると結構ストレスかかるんですよ。で、そんな時にハンカチの吸水性が悪いと結構それもストレス。なので肌触りが良く、水分をしっかりと吸収してくれるコレがオススメということ。雨攻略アイテムに +αで持っていると結構便利です。




■オリジナルフレーム CF01

雨の日の自転車通勤では愛車のメンテナンス(しっかり拭いたり、注油したり)も大切! そうそう愛車といえばnarifuriが手掛けるのは洋服ばかりではありません。narifuriの自転車部門charifuriのオリジナルフレームCF01は自転車通勤用に組むにはうってつけです。個人に合った幅広いカスタムが自在にできて自転車通勤の痒いところに手が届くので、愛車を組むならまずはcharifuriの戸を叩いてみてくださいね。ちなみに近々『ツーキンツール』にてこのCF01に関する”乗る”攻略なるものが企画されているので、こちらもどうぞお楽しみにっ。

《オリジナルフレーム CF01 アーカイブ集をチェック





本日も長〜い記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。雨の日の路面はウェットコンディションのため、いつも以上に余裕を持った運転走行が必要です。そんな事言われると雨の日の自転車通勤ってハードル高いなぁって思っちゃたりしますよね?..でも僕らも最初はそうでした。濡れるのイヤだとか、滑るし危険そうとか。。危ない面は確かにあるけれどこういうのは大体が先入観で、いざ雨の日の自転車通勤を始めるとけっこう楽しいもんで、子供の頃お気に入りの傘やカッパや長靴履いてテンション上がったのと同じで、雨仕様の自分にアガる日がくるかも知れませんし。…で、いつしか雨の日上等!なマインドになっているかも知れませんし。

どんな時もEASY RIDEなスタイルで雨の日ならではの景色を楽しみ、自身のスタイルで自転車通勤を開拓してみてください。もちろん雨の日は自転車通勤をしないという選択肢もアリですからね。もしそんな電車通勤時に時間あったらこの『ツーキンツール』、読み返してみてねっ。

ということで皆さま次回「自転車通勤のすすめ」も、宜しくどうぞ。

 

NFAL_01 : AL サイクルレインセットアップ NF2022 : ナイロンポケッタブルウィンドブレーカー NF5031 : ウェザープルーフパンツ NFYK_01 : narifuri x YOAK STANLEY 2.0 Waterproof Leather NF9018 : 防水レザーコンパクトウォレット
AL サイクルレインセットアップ

AL サイクルレインセットアップ

¥ 35,200( TAX IN )

詳しくはこちら
ナイロンポケッタブルウィンドブレーカー

ナイロンポケッタブルウィンドブレーカー

¥ 20,900( TAX IN )

詳しくはこちら
ウェザープルーフパンツ

ウェザープルーフパンツ

¥ 22,000( TAX IN )

詳しくはこちら
narifuri x YOAK STANLEY 2.0 Waterproof Leather

narifuri x YOAK STANLEY 2.0 Waterproof Leather

¥ 42,900( TAX IN )

詳しくはこちら
防水レザーコンパクトウォレット

防水レザーコンパクトウォレット

¥ 19,800( TAX IN )

詳しくはこちら

Share On