自転車通勤のすすめ『ツーキンツール』:第10回スタッフおすすめ ”乗る”攻略アイテム (前編)

2020.08.21

ツーキンツール

自転車通勤のすすめ『ツーキンツール』:第10回スタッフおすすめ ”乗る”攻略アイテム (前編)

自転車通勤の相棒「My通勤号」を語れる人はどれだけいるのでしょうか。カタチから入る人も大歓迎するチームナリフリとしては、通勤号への妥協なんてまず考えられません。たとえいくら洋服で様々な攻略をしても、通勤号へのこだわりがなければ本当の自転車通勤の楽しみは半減するでしょうから。

そんな僕らのここ最近のトピックスは、あるスタッフ2人が「いよいよCF01で新しい通勤号を組むぞー」と言い出したこと。…さて本日は”乗る”攻略の前編。年齢も、通勤距離も、考え方も違うスタッフ2名がCF01を元にカスタムバイクを組んだらどうなるのか??をテーマにお送りします(自慢します)  組み付けはもちろんcharifuri tokyoのメカニック2人。ツーマンセル、ツーセットで今回も内容たっぷりでお届けいたしますので、お時間もたっぷり用意してご覧ください。




“大人のためのプラモデル”

今回2人はnarifuriの自転車部門・charifuriのオリジナルフレームCF01(シーエフワン)をチョイス。ちなみに”CF01”とは”charifuri 1号機”という意味で、narifuri/charifuriの自転車アイテムとして初のオリジナルアイテムです。「好きなように、自由に組み立てられる」をコンセプトに掲げるフレームで、幅広い規格に対応し、様々な完成形を魅せてくれる、まさに大人のプラモデルと言えるでしょう。

そんな我がままな大人達の妄想を限りなく叶えるために重視されたのが「普遍性と拡張性」。人生100年時代、自転車の経験値や自身の経験値に応じて変化していく自転車の楽しみ方に柔軟に対応すべく、様々な<仕掛け>が施されています。ちなみにCF01初めましての方はコチラで予習してから見ると面白さが増しますよ。

特集記事:CF01 / charifuri Original Frame Set

 

そんな人生100年時代、令和で折り返し地点を迎える昭和生まれスタッフと、平成元年生まれで今年30代を迎えるスタッフがそれぞれ五十路、三十路のタイミングで組んだ新しい通勤号を早速ご紹介していきましょう。

 

ケース1: タハラ号

身長:165cm | 年齢:50才 | 自転車通勤距離 片道:30km
CF01カラー&サイズ:Clear Khaki / XS

(動機) 100年人生のちょうど折り返し地点。自転車通勤もきっとあと10年くらい。そんなタイミングでこれからの自身の自転車ライフスタイルも考えた1台を組みたいなぁ…と。

(要望) 自転車通勤のストレスをとにかく最小限にしたい(パンク・雨・チェーン外れ)ロードシェア時のクイックなハンドル操作。ひと漕ぎで距離を稼ぎたい。

(展望) 自転車通勤卒業後はランドナータイプにして、第二の自転車ライフスタイルを楽しみたい。

こんな妄想を元にcharifuriメカニック・フクナガに相談し、パーツチョイス&組立を依頼。

▼▼▼
▼▼


カスタマイズポイント

”タイヤ&フェンダー”
42Cの太めなグラベルタイヤをチョイスし、雨の日を想定しフェンダーをセット。タイヤはパンク対策(地味なところでチューブはTubolitoを採用し、軽量・耐パンク性アップ)・安定感・心肺機能アップ、そして脚力強化w 雨の日でも走ることの多い自分にフェンダーは必須。

 

”ブレーキ”
ロードシェア時&雨の日の制動力を重視し、ディスクブレーキをセット。

 

”ハンドル”
ロードシェア時のクイックな対応とペダリングでの緩急を付けやすい形状をチョイス。グリップはエルゴタイプのコレ一択でしたね。

 

”ケーブル”
BYCRUISEオリジナルのパラコードアウターはリフレクター仕様。アクセントカラーはオレンジ。

 

”チェーンリング”
フロント48Tで一漕ぎでの推進力を重視。WOLFTOOTHのナローワイド、チェーン脱落防止のPAUL製チェーンキーパーで絶対チェーン落ちしたくないマン仕様。

 

”変速機”
オフロードも走りたいのでリアディレーラーはグラベルコンポのGRXをチョイス。性能もさることながら、見た目がカッコイイ。スタビライザーにより、ここにもチェーン脱落を抑止する機能アリ。

 

”サドル”
BROOKS/CAMBIUM C17のスペシャルカラー。トップカバーの素材はオールウエザー仕様。雨の日&汗劣化の対策。

 

”フレームカラー”
フレームは昔乗っていたミニクーパーを思い出す Clear Khaki をチョイス。オレンジのポイントは被視認性も考慮。



コメント

今まで乗っていた通勤号で感じていたストレス全てを払拭できたパーツ構成と、完成車の仕上がりに大満足。自分の頭の中にあったイメージを具現化して、更にブラッシュアップしてくれたメカニックに感謝感激。趣味で集めている怪獣・ロボットフィギュア・スケールモデルカーのディティールを眺めてるのが好きなんですが、それ以上に自分でチョイスしたパーツで組みあがっている自転車は眺めていて飽きないし、なんなら眺めながら呑めるw、そして実際に乗れる(でも呑んだら乗らない)、まさにオンリーワンの大人のプラモデルという感じ!

 

ケース2: コウノ号

身長:184cm | 年齢:29才 | 自転車通勤距離 片道:15km
CF01カラー&サイズ:Clear / L

(動機) 30代を迎えるにあたり自分仕様の自転車が欲しい!完成車ではなく一から自分都合の1台を組みたいと思ったため。

(要望) 自分の体格に負けないパッと見のインパクトがあり、雨にも風にも坂道ニモマケズ、さらにトラブルもなるべく無くしたい。。そんな一台を目指しました。

(展望) 次の進化は、、塗装かなぁ。

こんな妄想をcharifuriメカニック・イワセに相談し、パーツチョイス&組立依頼。

▼▼▼
▼▼

カスタマイズポイント

”駆動系&変速機” 
メンテナンスフリーという言葉に惹かれベルトドライブをチョイス。注油も必要無いので裾汚れの心配なし。内装11速で坂道も問題なし?

 

”ハンドル”
ママチャリポジションが個人的にはベスト。

 

”フェンダー”
通勤号の必須パーツ。雨の日対策。

 

”ライト”
充電・電池交換がお手間なのでw、走行充電式のダイナモをチョイス。クラシックな見た目もポイント。

 

”前カゴ”
カバンを背負うストレスの軽減。自分の体にも負けないビッグサイズをチョイス。

 

”サドル”
オールウエザー仕様。雨ニモマケズ、汗ニモマケズ。

 

”ペダル”
スーツスタイルの時の足元はレザーシューズなので、グリップ力重視。

 

”カラー”
限定という言葉に弱いのでClearをチョイス。シルバー合わせを意識しながらも、シルバー・ブラック・ブルー・ゴールドをバランス良く配色してみました。



コメント

見た目・快適性・メンテナンス性どれをとっても満足いく仕上がりに。正直、パーツ類などの知識があまりなく(…勉強不足)不安がたくさんあったものの、自分のイメージをメカニックに伝えながらアドバイスを貰い、あーでもこーでもないと話しながら自分仕様の自転車が組み上がる様子はとにかく楽しい!納車直後、乗り心地の良さ&完成度に満足し、無駄にお店の周りを徘徊してしまったのは恥ずかしながらここだけの話w..



さて、2人の通勤号に対する情熱が伝わったと思いますが、ここに至るまでには予算・こだわり・通勤距離など、メカニックからの提案も含め、良き”落としどころ”を見つけられたことが、大満足という結果に繋がったのでしょう。同じフレームCF01を使用しているのに全く違うテイストに仕上がった2台、そこにはオーナーの趣味嗜好も反映されている訳なので、愛着が湧かない訳がありませんよね。

 

ちなみに今回2人とも触れていませんが、意外と重要なのが「センタースタンド」です。ダブルレッグになっているので駐輪時も安定の自立を見せ、とーっても便利。CF01はこの”ダブルレッグスタンド”を付けられるパーツが最初からマウントされたダブルレッグスタンドありきの設計です。このあたりからもCF01が通勤号にいかに最適なフレームなのかが伺えます。

 

そうそう、2人のカスタムだけじゃ参考にならないと前向きな方々へ向けてコチラのアーカイブ集からもCF01の様々なカスタムを御覧になれますので、ぜひ参考あれ。

”CF01カスタム:アーカイブ集”

 

さらにCF01の告知関連で恐縮なのですが、現在開催中のナリの市期間中にて「CF01試乗会&組み立て工賃無料キャンペーン」を開催しています。やっぱりまずは乗ってみないと分からないですし、せっかく組みたてるなら”タイミング”は逃さない方が賢明ですからね。少しでも気になっている方はまずは試乗会でその感覚を楽しんでみましょ。↓↓↓

”CF01試乗会&組み立て工賃無料キャンペーンについて、詳しく知る”




本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。ここで紹介したのは本当にごく一部の例で、charifuriで腕を振るうメカニックの頭の中には様々なアーカイブが詰め込まれています。まずはどう乗りたいか?それが決まったら是非charifuriに足を運んでみてください。きっと色々な可能性が膨らむはずですから。 そして次回自転車を組んだ五十路と三十路の2人がどんなスタイルで自転車通勤を楽しんでいるのか、CF01を乗って実際にどうだったのか?というロードインプレッションも踏まえた乗る攻略”後編”をお届けいたします。…いよいよ最終回、ここまで来たんですから、ぜひ最終回もお付き合いくださいね。

 

ツーキンツール・インスタライブ:予告

 

それと今夜は今回のCF01カスタムのタハラことnarifuriブランドマネージャーが<夏の自転車通勤スタイル>を語るインスタライブを開催しますので、是非ごらんくださいませ。

それでは次回「自転車通勤のすすめ」最終回も、宜しくどうぞー。

 

あわせて読みたいおすすめ記事