『ボーフーツール』: 風と洋服/タハラ編

2020.11.27

ツーキンツール

『ボーフーツール』: 風と洋服/タハラ編

自転車通勤に最適なnarifuri製品を紹介する特集記事『ツーキンツール』。今回は「防風」をテーマに<自転車通勤ベテラン・タハラ>のスタイリングにスポットを当てていきます。

”レイヤード計算式

12月の初冬、10~15℃の気温であれば長距離を走ると汗をびっしょりとかき、それは”冷え”に繋がります。これを防ぐためには「防風と通気」のバランスを考え、どう重ね着するのかがとても重要です。ここでは独自の計算式によりnarifuri製品の機能性を最大限に生かしたタハラスタイリングを見ていきましょう。



身長:165cm | 年齢:50才 | 自転車通勤距離 片道:30km
narifuriブランドマネージャー:タハラ(ガンダムマニア)

タハラは長距離自転車通勤を楽しむ1人。片道30kmも走れば仕事に支障が出るのでは?と思うでしょうが、それはむしろ逆。傍から見ていてもイキイキと仕事に取り組む姿は、疲れを微塵も感じさせず活力が漲っています。もちろんこれは日々の自転車通勤の賜物ではありますが、以前にもお伝えしたように自転車通勤には運動以外に精神的なリフレッシュ効果もあるということですね。

 

Style 1 :軽量

×MMA ポケッタブルプルブレーカー×MMA 転写Tシャツ | ×MMA ドット迷彩メッシュショーツ | ジェットキャップ | ダニエル | 4WAYサイクルタオル

寒暖差が激しい時季は風が強く、いつもより体力を消耗します。ですから自らの服装を軽量化し、体力を無駄に消耗しないよう心掛けるそうです。

そんなタハラが今年最もよく着用しているのがMMAとのコラボシリーズ。軽量&通気性に優れるMMAシリーズのジャケット+インナー+ボトムスを中心にレイヤードをすることで、全身で軽量化に成功。ジャケットは正面の風を防ぎながらも、背面でこもった熱を放出。ボトムスにはメッシュショーツと速乾性の高いスパッツで熱をこもらせないよう工夫しています。

風の強い日はいつも以上に軽量化を。このコンセプトは長距離通勤をするタハラらしい考え方ですね。

 

Style 2:軽装

2.5レイヤーウインドプルーフプルオーバー | サイクルタートルネックプルオーバー | ショルダーポケットデイパック | ダズル迷彩ジェットキャップ | サイクルグローブ | ×H-fusion フォルダブルサングラス

リモートワークによりPCを持っての自転車通勤が多くなる → フレームバッグからバックパックへ → バッグ背負うと窮屈 → よし、軽装にしよう!…こんな流れで、トップスに”防風機能付きプルオーバー”を選択する日が増えたそうです。

このトップスは正面の風をしっかりガードしながらも、背中がメッシュ地なのでバッグを背負っても蒸れにくく動きやすい、ずばりアウターとインナーの中間のようなアイテムです。着心地も軽いし、家で洗濯もできるのも◎だとか。また、タハラ的に相性が抜群に良い!と太鼓判を押すバックパックは、軽量&豊富なショルダーポケット以外に取り出し易い”フロントポケット”が推しポイントとのこと。

 

肌寒い日は、ハイネックカットソー&グローブで末端をガード。(この辺りはコノウスタイルと通ずるものがありますね) ちなみにパンツは来春発売予定のサンプルをテストライドしていて、こういう役目も自らの長距離通勤路で試さないと気がすまないタイプなのです。

タハラの通勤号については『ツーキンツール』乗る攻略編 をご覧ください。

 

Style 3:軽層

タクティカルストレージベスト| ×MMA ドット迷彩メッシュパーカー | ×MMA ドット迷彩メッシュシャツ | 高耐久ポンチ5ポケットパンツ | FREEZE TECHサイクルインナー | ×SUVSOLE スリッポン| ×H-fusion フォルダブルサングラス

モノやギミックが大好きなタハラが最も好むこの時季のレイヤードは、<防風・通気・収納>と3大機能を絶妙に重ねて調整した軽層スタイル。

トップスは特にレイヤードバランスを意識していて、収納力に優れたベストは風をしっかり防ぎながらも背面(メッシュ)で熱を放出。重ねたパーカーとシャツはメッシュ生地のため、走行中も熱がこもらずとても快適。そして実は、見えないところでインナーにFREEZE TECH Tシャツを着ることで体温を調整&汗を即座に乾かしています。

これでもいざペダリングにより体が熱くなれば、ベスト&パーカーのフロントを全開にしさらに熱を放出。つまりこれはバイオコンピューターを強制冷却するためのフェイスオープンよろしく(ガンダムネタ)。やっぱり秋冬のアウターはベストがベストっ…とのことです。(by五十路ガンヲタヲヤジ)



インスタライブ
『ボーフーツール』:風と洋服/タハラ編

細かに計算されたタハラのレイヤードを本人交えて解説するインスタライブです。上のリンクから再試聴できますので、製品を熟知するブランドマネージャーらしい目線をお楽しみください。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

”通勤路に楽しみを”

自転車通勤ベテランのタハラはコースにもこだわり満載です。通勤するなら景色も楽しみたい!というこだわりから、東京の名所を巡るかのように設定された通勤路は正直羨ましいの一言。

通勤路から見えるスカイツリーは壮観ですし、近くの公園だってのんびり開放的で、季節により色付く草木も楽しめるのですから…なんとも贅沢ですよね。

自分だけの絶景ビューポイントで仕事の疲れやストレスを癒せるのは自転車通勤の醍醐味です。しかし、それは何も景色に限ったことではありません。他にはない自分だけの楽しみをじっくりと探し、自分なりの通勤路を作ってみましょう。

”愛車と通勤路の撮影は、タハラの日課”

 



narifuriの機能性を通勤路にあわせて最大限に活用するタハラのスタイルはいかがでしたか?もちろんカレも12月いっぱいこのスタイリングで自転車通勤をするとのこと。ちなみにこの記事を書いている日は最高気温12℃でしたが、タハラは汗をかいて僕の前に登場しました(笑)

一口に「防風」といっても風を防ぐことが全てではありません。これからの時季はカレのスタイリングをぜひ参考にしていただき、自分なりの自転車通勤を楽しんでみましょう。それでは最後におさらいです。

アウター〔半分防風、半分通気〕
インナー〔通気性重視〕
=タハラ・ボーフーツール

さて、次回『ツーキンツール』のテーマは「防寒」です。吐く息も白く、手が悴む1月〜3月には適切な防寒対策が必要となってくるでしょう。気温・距離・体質にあわせて選ぶ防寒ウェアの組み合わせと、そのポイントはどこにあるのでしょうか?次回もコウノ&タハラの2人のスタイリングを参考に紐解いていきますのでどーぞお楽しみに。

 

それでは次回の『ツーキンツール』も、よろしくどうぞ。

着こなし・サイズ選び・機能性の選択に悩んだら東京・京都・名古屋にあるnarifuri直営店でスタッフに相談してみましょう。自転車から洋服まで、経験豊かなスタッフが皆さまに最適な「fashion+bicycle」を提案します。


narifuri 直営店舗を探す

 

NFMM_01 : narifuri×MMA ポケッタブルプルブレーカー NFMM_09 : narifuri × MMA ドット迷彩メッシュパーカー NF2037 : 2.5レイヤーウインドプルーフサイクルプルオーバー NF5038 : 高耐久ポンチ5ポケットパンツ NF881 : フリーフィットレギンス"ダニエル"
narifuri×MMA ポケッタブルプルブレーカー

narifuri×MMA ポケッタブルプルブレーカー

¥ 28,600( TAX IN )

詳しくはこちら
narifuri × MMA ドット迷彩メッシュパーカー

narifuri × MMA ドット迷彩メッシュパーカー

¥ 27,500( TAX IN )

詳しくはこちら
2.5レイヤーウインドプルーフサイクルプルオーバー

2.5レイヤーウインドプルーフサイクルプルオーバー

¥ 16,500( TAX IN )

詳しくはこちら
高耐久ポンチ5ポケットパンツ

高耐久ポンチ5ポケットパンツ

¥ 23,100( TAX IN )

詳しくはこちら
フリーフィットレギンス

フリーフィットレギンス"ダニエル"

¥ 5,280( TAX IN )

詳しくはこちら

Share On

あわせて読みたいおすすめ記事