【CF01】New staff New bike

2021.09.26

【CF01】New staff New bike

こんにちは、narifuri tokyoの新井です。

普段は2Fのnarifuriでみなさんに「ファッション + バイシクル」をご提案する毎日ですが、この春からは1Fのcharifuriで自転車整備と組み立ての修行の身でもあります。

そんな私が初めてイチから組み立てているcharifuriオリジナルフレームCF01を作業の様子とともにご紹介しようと思います。

コンポーネントはShimano GRX、ブレーキは油圧ディスクを採用しています。ちなみにこのバイクのオーナーはこの夏、新たにnarifuri tokyoに加入した加藤。
「ファーストバイクと言えども妥協したくない!!」という思いがひしひしと伝わってくるパーツセレクトです。開梱したてのフレームには、パーツを圧入する箇所に塗装がのってしまっていることがあります。
ここに「フェイシング」という下処理を施すことでフレームとパーツが接する面の凹凸を無くし、より滑らかに動作するようにします。

(ツルッツルになった表面はなんとも気持ちがいぃ…)

たったこれだけの作業でも組み立て精度の向上に繋がります。
さらにそれはお客様にお渡しした後、乗り心地や車体の不良などにも直結するのでcharifuriではこうした下処理を丁寧に行なっています。
※精度が十分な場合には必ずしも行う作業ではありませんが今回はスタッフの練習を兼ねて実施しています

続いて、ホイールを組み立てます。仮組みをした状態。よく見るとスポークが緩んでいるのがわかります。ここから縦振れ・横振れを取りながら、スポークのテンションを張っていきます。 しっかりと振れが取れ、テンションが張られたホイールを回してみると、このままずーーーっと回っていくような感覚があります。
100%の正解がないホイール組みで、この感覚を得られることが自分の中で「良いホイールが組めたな」と思える一つのものさしになっています。

さて、フレームの下処理とホイール組が終われば、あとは組付けていくだけ!ですが、そこでの様子はまた次回のブログで。。。

新井

 

 

instagram-1675670_960_720

images

 

narifuri tokyo
/charifuri

【住所】…〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-1 クロスサイドビル1・2F
【TEL】…03-3403-3007
【営業時間】…12:00〜20:00
【定休日】…水曜日

narifuri nagoya

【住所】…〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3丁目5番14号先 RAYARD Hisaya-odori Park K棟
【TEL】…052-211-9912
【営業時間】…12:00〜20:00
【定休日】…不定休

narifuri kyoto

【住所】…京都府京都市中京区桝屋町(麸屋町通)522
【TEL】…075-223-1114
【営業時間】…12:00~20:00
【定休日】…水曜日