【narifuri nagoya】SOMA / Demi Porteur Rack

2021.11.08

【narifuri nagoya】SOMA / Demi Porteur Rack

こんにちは、narifuri nagoyaのダ一ヤです。

今回は、SOMA FABRICATIONSのコンパクトかつシンプルなルックスのフロントラックをご紹介いたします。

Demi Porteur Rack   ¥19,580-(with tax)
素材:アルミ製
耐荷重:10kg
天板サイズ:縦30cm×横24.5cm(縦は最長箇所の寸法値になります)
カラー:シルバー / ブラツク

実際自転車に取り付けるとこのようなサイズ感。(取り付け車体:MARIN NICASIO SE / サイズ:47 / タイヤサイズ:650B×47)
フロントラックには小さいものから大きいものまで様々なサイズが存在しますが、このラックは中くらいと表現するのが良さそうなサイズ感。
以前ご紹介したSOMA “Aluminum” porter front rackよりは汎用性は若干劣りますがシンプルなデザインが魅力なモデルとなっています。

そして、重量が軽いのがこのラックの魅力のひとつです。
ラックが軽いと、ハンドリングの重さも軽減されます。

また、付属パーツを使えば2通りの取り付け方が出来るので、様々な車体に取り付け可能です。
・フロントフォークのダボ穴を使う取り付け方↓
・ダボ穴がない車体には付属のPクランプを使用してフォークに取り付けられます。↓
(写真のクランプを使って台座を作り、ラックを固定できます。)
※フォークの形状などによっては取り付けられない場合もございます。

ここまでラックのご紹介をさせていただきましたが、実際ラックの使い方は?と疑問に思っている方もいらっしゃると思いますので、ひとつの例として使い方をご紹介します。

まずは、ラックにバンドを使い直接かばんや荷物を巻きつける方法。
ラックはパイプ形状になっており、どこにでもフックを引っ掛けやすく簡単に巻き付けられます。
鍵など重くて持ち運びし難いものも、ラックに巻いてしまえば重さも感じにくくなると思います。ラックのいいところは、カゴのように決まったサイズに制限されないところ。
バンドを使えばこのように小さいものから大きなものまでしっかり固定が出来て持ち運べます。

続いて、ラックを土台にカゴを取り付ける方法。
お好きなサイズのワイヤーバスケットをラックを土台に取り付ければ前カゴの完成です。
必要ない時は取り外せますし、用途に合わせて使い分けできます。
あくまでもひとつの例ですが、このようにラックは様々な使い方が可能です。参考になれば幸いです。
※ラック・バスケットの取り付けに関しては、車体によって取り付け方法が異なる場合がございます。取り付ける際は一度事前にご相談下さいませ。

名古屋店、東京店共には今回ご紹介したラック以外にも様々なラックやバスケットをラインナップしております。
スポーツバイクで荷物の持ち運びを考えている方がいましたらラックやカゴの取り付けを検討してみてはいかがでしょうか?

narifuri nagoya

【住所】…〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3丁目5番14号先 RAYARD Hisaya-odori Park K棟
【TEL】…052-211-9912
【営業時間】…12:00〜20:00
【定休日】…なし

narifuri tokyo
/charifuri

【住所】…〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-1 クロスサイドビル1・2F
【TEL】…03-3403-3007
【営業時間】…12:00〜20:00
【定休日】…水曜日

 

instagram-1675670_960_720

images

この記事を書いた人

スタッフ

スタッフ

staff

こんにちは!ナリフリスタッフです。 東京店、京都店、名古屋店、そしてバックヤードスタッフが日々のお店のことや自転車ライフ、カスタム情報をアップしていきます。

Share On