“自転車通勤のすすめ” CASE OF TAHARA vol.2

2021.10.20

“自転車通勤のすすめ” CASE OF TAHARA vol.2

スタッフのタハラです。

いきなりフィギュアがドーンですが笑
安心してくださいコレクションの紹介ではありませんよ。朝はフィギュアを眺めながらストレッチをするのがルーティンです。

自転車通勤でケガはしたくないですし、これから寒くなると体を動かす準備が必要になってきますからね。

フィギュアのディティールを見てると萌えてくるディティールフェチです。

ちなみに気分によってこちらを見ながらの時も
(結果フィギュアコレクションを紹介してる件。。。)
朝のストレッチと同じく重要なルーティンが朝食と目覚めの一杯。もちろんnarifuri ☓ BICYCLE COFFEEのオリジナルブレンドです。
※narifuri ☓ BICYCLE COFFEEはイベントのみの限定販売になります。BICYCLE COFFEE TOKYOとBICYCLE COFFEEオンラインストアでもご購入いただけますので是非。

ヒューマンエンジンのアイドリングも完了して”自転車通勤のすすめ” CASE OF TAHARA vol.2スタートです。

最短ルートよりも最適ルート

自転車通勤を始めたころは車と同じ最短ルートを利用していましたが、交通量も多い事からEASY RIDEで走れないなぁと思い、ある日試しに少し距離があるルートを走ってみたら交通量も少なく快適に走れました。何なら信号も少なく最短ルートより早く到着するという嬉しい結果に。
それからも途中でルート変更を試したりして、自分の最適ルートを見つけて快適に自転車通勤しています。

タハラ自転車通勤ルートには川沿いもあるので、あえて川沿いを走って気分転換をしています。
そんな感じで緩急をつけながら漕いでオフィスに到着。自転車通勤を始めて5年目。電車通勤の時はオフィスについても眠かったのですが、自転車通勤をしてからは仕事スイッチがすぐに入るようになりました。

もっと早くしとけば良かったと思う五十路男。
自転車系ブランドなので自転車ラックも完備。narifuriだけでなく他のグループブランドの自転車通勤スタッフも利用してます。

ちなみに2台ともタハラ號です。奥の1台はオフィスからショップに荷物を持っていく時に使用していましたが、今は出番を待っている状態です。

決して自宅自転車中置きスペースがいっぱいだからオフィスに置いている訳ではありませんので。
たぶん。。。
さて自転車通勤を快適にするにはルートだけではなく、身に着けるアイテムも重要だと思います。

前回のブログでカスクを被っているとお伝えしましたが、サングラスもしています。もちろん日差しなどの眩しさを避ける為ですが、それ以外にも何か飛んできて目に入ったりするのが嫌なのでゴーグル的な用途としても使用しています。

narifuri ☓ H-fusion フォルダブルサングラスはコンパクトに折りたためて便利で、ウェアのバックポケットにも収納できます。

4WAYサイクルタオルはご覧の通りマスク代わりに使用していますが、これからのシーズンは寒さ対策としてもオススメ。

これらのプロテクトアイテムのおかげで快適に自転車通勤を楽しんでいます。ちなみに最近ではリモートワークが中心となり、パソコンを持っての移動が増えたせいかバッグも重要なアイテムとなりました。

今日の背負っているバックパックの中身はこちら。
結構収納してますよね。訳あってこの日はパソコン2台持ちです。

他にも荷物が多いのでこの日はショルダーポケットデイパックです。ショルダー部分が便利で小物類を
収納。自転車乗車時に出し入れが楽なのもポイント。

バックポケットには工具類を収納。斜めになっているのでバッグを前に持ってきたときにアクセスがし易いのが特徴です。肝心のポケットが見えてませんがブログ本文後のアイテム紹介から確認してみてください。

収納スペースが多く使い勝手が良いのがポイントですが、一番のポイントはバッグ自体が軽量だということです。

なんせパソコン2台持ちですから、バッグ自体が重いと罰ゲーム感増し増しです。その点ウインドブレーカーの素材を使用している事もありバッグ自体の重さは本当に感じません。

これらのアイテムを身に着けて快適に自転車通勤をしている訳ですが、身を乗せるCF01も快適仕様にしています。

タハラのCF01は昨年の7月に組んだのですが、それ迄乗っていた通勤号で感じていた片道30km自転車通勤でのストレスを解消してくれました。

左上から、時計回りでチェーンキーパーは段差等を走った時にチェーン落ちが多かったのを解消。トルクをかけてのペダリングが好き&ひと漕ぎで距離を稼ぎたいので大きめのチェーンリング。

リアコンポのGRXのスタビライザーのおかげで、これまたチェーン落ち解消&変速スムーズ。

ハンドルを握るというより手を置くだけという感覚で疲れないエルゴグリップ。注意喚起も心地よい音を奏でてくれる希少ベル。

信号待ちはフレームに座る派&ちょっとしたステッカーチューン。実はダボ穴のネジを変えて見た目の専用機感アップ。
全体的にはこんな感じになります。前後フェンダー仕様なので雨の日や雨上がりでの水の巻き上げもなく快適ライド。

舗装道路と言いながら自転車が走る車道の端は凸凹だったり、パンクリスクに繋がる落とし物が多いので太めのブロックタイヤ&耐パンクシートでリスク解消。

元々MTBに乗っていたのでとっさのアクシデントでも操作のしやすいハンドルポジション。ルックスに一目惚れしたバレットライト…などなどです。

快適仕様で見た目も自分好みだと乗っていて楽しいですし乗りたくなりますよね。

機能美もディティールフェチには堪らない。そんなフレームから組むからこそのオンリーワンの1台です。

組んだ時の様子を紹介しているブログが一番下の”あわせて読みたい記事”の自転車通勤のすすめ『ツーキンツール』からご覧になれますので是非。
そして自転車通勤復路。自転車通勤時は右折左折や車線変更時のハンドサインは多用します。アクションを起こすことが車へのアピールになり、それが快適ライドへと繋がるのです。

夜だと被視認性が低くなるので、手の甲のペダル柄がリフレクタープリント仕様になっているサイクルグローブを愛用しています。ちなみに手の平側はペダル柄シリコンプリントなので長距離自転車通勤でのハンドル疲れもありません。
今日は寄り道を。狙いはマン兄さんAタイプスペシウム光線 verです。

寄り道も自転車通勤ならではの醍醐味かなと思いますし、行きと帰りで同じアングルの色違いのツリーとタワーの写真を撮れるのも自転車通勤ならではかなと思います。

家に着いてこれも色違いだったなと思いだししパシャリ。
そしてこれも色ち買いだったなと思いパシャリ。

右はスチール画像をイメージしたカラーなんで左とは全くの別物です。というウルヲタぶりをだしつつ。

手前はタハラ専用CF01で奥はバナージ専用RX-0の1/1フィギュア。というガンヲタぶりで〆させていただきます。

インスタライブの時のような悪いクセで、誰も止める人が居ないので長くなるわ暴走するわでした苦笑

暴走?暴走といえばエヴァ。エヴァといえば!

次回、タハラブログまさかの自転車通勤番外編?キーワードは鉄ヲタではないですが、この次もサービス、サービスゥ!

それでは。